株式会社カウコンは牛のカウコンフォートを実現する
牛床マット/通路マット/細霧システム/給水器/酪農用品を
開発販売しています。

 カウコンの社名の由来は
「cowcomfort  (カウコンフォート)=牛の快適性」です

〒440−0838愛知県豊橋市三ノ輪町一丁目19番地
営業時間:9:00~17:00(土日・祝日除く)
電話番号:0532-21-8236
FAX :0532-21-8237

 お気軽にお問合せください

0532-21-8236

セーフティ通路マットの導入時事例

硬く滑りやすいコンクリートの上を歩くことは牛にとって大変危険を伴います。

通路マットを敷設することで万一スリップしても大事故になる可能性を軽減します。

弊社通路マットは日本全国牧場/家畜市場/畜産試験場等で利用されています。

10年以上の使用実績があり、多くの導入事例がございますので一部をご紹介いたします。

通路マットの導入事例①

コンクリート通路に目地が切ってある状態の通路へ通路マットLHを設置しました。

飼育頭数1000頭
飼育形態フリーストール
除糞方法ローダー除糞

通路マット設置個所と

設置通路マット

フリーストール通路=通路マットLH

待機場=通路マットL・H

設置前
(フリーストール通路)

設置後
(フリーストール通路)

通路マットの導入事例②

新牛舎。最終的に2000頭牛舎になる予定とのこと。ほぼ24時間搾乳で牛と糞尿に酷使されるエリアには耐久性の高いマットが必要です。

飼育頭数1800頭
飼育形態フリーストール
除糞方法

フリーストール=オートスクレーパー

待機場=ローダー

通路マット設置個所と

設置通路マット

移動通路=通路マットH

待機場=通路マットH

設置前
(待機場)

設置後
(待機場)

設置前
(移動通路)

設置後
(移動通路)

毎日1000頭が2~3往復する主通路。通路マットの溝が糞尿の水分の逃げ道となり、通路マットの表面は乾いています。ウェットな状態に比べ事故が格段に減少するとともに衛生的です。

通路マットの導入事例③

日本全国の家畜市場/食肉工場/畜産試験場などにも弊社のマットが導入されています。

大切な牛を傷付けることがないように配慮がされています。

家畜市場(セリ場)

家畜市場(セリ場通路)

家畜市場(待機場)

通路マットの導入事例④

松坂牛のセリが行われる家畜市場の通路です。

セーフティ通路マット(900×1200×20)は1枚1枚単体で敷くことが可能です。

必要な場所に必要な枚数だけ敷設が可能です。また、部分補修も可能ですので経済的です。

家畜市場(セリ場)

家畜市場(待機通路)

家畜市場(待機通路)

お気軽にお問い合わせ下さい

TEL 0532-21-8236

FAX 0532-21-8237

営業時間:9:00~17:00(土日祝を除く)

↓酪農関連HPリンク集↓
※外部サイトへリンクします※

↓弊社広告掲載中です↓
※外部サイトへリンクします※

お問合せ

お問合せはお気軽に
株式会社COW・COM
カウコンの社名の由来は
cow comfort/牛の快適性です

0532-21-8236

0532-21-8237

メールでのお問合せは
24時間受け付け中です。
お気軽にご連絡ください。